ハリとツヤを取戻せます

医者

施術後の配慮が必要です

ボトックス注射は、メスを使用しないプチ整形として多くの人から人気を得ています。気になる部位に注射をするだけで、表情じわを生じさせる部位の筋肉の収縮を抑える事で動きが止まり、しわの発生を防いでくれます。近年、ボトックス注射によるしわ治療は美容医療を代表する治療方法となっています。更に眼瞼痙攣や片側顔面麻痺など保険適用の疾患の他、ふくらはぎへの痩身効果、多汗症の治療などでも利用されています。しかもアメリカの公の機関からの認可を受けており、アレルギーの心配もなく、安全性が確立されているので安心して利用できます。注射をすれば、3日程で効果を感じられるようになり、2週間で最も効果が出た状態となります。個人差はありますが、3ヶ月から4ヶ月間は状態を維持していく事が可能です。そしてボトックス治療を受ける事でコラーゲンを増加させる効果がある事から、肌の引締め効果も得られます。定期的にボトックス注射をする事でいつまでも若々しく魅力的な表情を保つ事ができます。ボトックス治療では、筋肉の微妙な動きに応じた違和感のないバランスの取れた仕上がりにしなければなりません。ボトックス治療は注射をするだけの簡単な治療方法と思われがちですが、理想的な表情とする為には、医師のスキルと経験が求められます。治療を受ける美容外科や美容皮膚科を選ぶ際には、実績のある医師が在籍する優良な医療機関を利用する事が必要です。そしてこの治療方法はダウンタイムが殆どない上に5分程で済ませられます。極細針による注射は、痛みを殆ど感じる事もないので安心です。施術を受けたその日に帰宅する事が可能なので、仕事などで忙しい人でも気軽に利用できるのが大きなメリットです。更に確かなボトックス効果を得る為にも、医師による注意事項を守る事が大切です。まず注射部位を強く擦らないようにし、直射日光も避けた方が無難です。更に岩盤風浴やサウナなどの利用を止め、施術の翌日まで飲酒も控える事が必要です。これは身体を高温な状態にしてしまうと薬剤の効果が薄れてしまうからです。